chaako's

L.A.が舞台の海外ドラマと海外セレブゴシップが大好き♥

スーパーボウルでジャスティン・ティンバーレイクとセルフィーした少年が再び・・・

      2018/04/08

スポンサードリンク

歌手のジャスティン・ティンバーレイク(37)が、2018年スーパーボウル・ハーフタイムショーで一躍有名になった”セルフィー・キッド”ことライアン・マッケンナ君(13)と再会したことが明らかになりました。

2人が再会したのは、4月4日(水)ジャスティンが「マン・オブ・ザ・ウッズ」ツアーでボストンに立ち寄った時のことでした。
コンサートが始まる前に、ジャスティンに楽屋に招待されたライアン君は再びジャスティンとセルフィー(自撮り写真)を撮り、自身のアカウントに投稿。

Ryan Mckennaさん(@selfiekid)がシェアした投稿 -

ジャスティン・ティンバーレイク「マン・オブ・ザ・ウッズ」MVで妻ジェシカとダンス

ライアン君は「ジャスティンの衣装部屋に入れてもらったよ。彼は『よう、元気か?』って声かけてくれて、また一緒にセルフィーを撮ったんだ。そしたら今度はNFL選手ジュリアン・エデルマン(ニューイングランド・ペイトリオッツ所属)が入ってきてさ。ホントに最高だったよ。だって僕はペイトリオッツの大ファンだから。」と話しています。

Ryan Mckennaさん(@selfiekid)がシェアした投稿 -

その幸運は偶然ではないんです!

スポンサードリンク

13歳のごく普通の少年ライアン君を一躍有名にしたのが、この2018年スーパーボウル・ハーフタイムショーでのひとこまでした。

パフォーマンスのラスト数分でジャスティンとセルフィーを撮ることになり、その後も真顔でスマホをいじり続けるライアン君の姿は全米に放送され話題に。
ライアン君は翌朝の情報番組で単独でインタビューを受けたほど時の人になりました。

【動画】ジャスティン・ティンバーレイク、スーパーボウル・ハーフタイムショー

これがそのときの1枚。

Ryan Mckennaさん(@selfiekid)がシェアした投稿 -

このことがきっかけになり、その後「selfiekid」というアカウント名でインスタグラムを開設し、有名人とのセルフィーを投稿し続けているようです。
セルフィー相手はパリス・ヒルトンやヘイリー・ボールドウィン、俳優アダム・ディヴァインらそうそうたる顔ぶれ!

有名になりすぎて、今では逆にセルフィーを頼まれる立場になってるようですね。
今後ライアン君はどのような道を歩んで行くんでしょうか☆

あなたが一晩で有名になる方法

スポンサーリンク

 - その他, アーティスト