chaako's

L.A.が舞台の海外ドラマと海外セレブゴシップが大好き♥

「The O.C.」のミーシャ・バートンの現在は?激痩せ激太りが話題に。

      2017/12/05

スポンサードリンク

 

2003年~2006年、ドラマ「The O.C.」でマリッサ・クーパーを演じて一躍人気者になったミーシャ・バートン。整ったドールフェイスと長身のスタイルで最先端のブランドものを着こなし、一躍ティーンのカリスマに。ライアン役のベン・マッケンジーと。↓
mb

The OC <シーズン1-4> DVD全巻セット(45枚組)
今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサードリンク

わずか10代にして瞬く間にスターダムにのぼりつめたミーシャですが、共演者たちとの不仲がたびたび噂されたり、ミーシャ自身が突然の名声やパパラッチに追いかけまわされることに疲れてしまい「The O.C.」シーズン3を最後に降板しました。その後は、ドラッグ所持や飲酒運転で逮捕されたり、リハビリ施設に入院したりとお騒がせセレブとささやかれるように。

精神の不安定からか激痩せと激太りを繰り返し、アメリカでは「ヨーヨーダイエッター」などと不名誉な称号を得た時期もありました。

2012年↓
67cdc08cf3b2432e_Mischa-Barton.xxxlarge_1
2013年↓
article-0-19F3BC3F00000578-924_640x876

リバウンドを20回以上くり返した私が 最後のダイエットで20キロやせました

2015年には、ステージママである実母に対して、自身のギャラを横領したという理由で訴訟を起こすなどトラブルが絶えないイメージ・・・
ミーシャ・バートン、またトラブル!契約違反で20万ドルの支払命令
ミーシャ・バートン、奇行で精神科に搬送

スポンサードリンク

しかし2016年、芸能人が社交ダンスをする番組「 Dancing with the Stars 2016」に挑戦し、再びメディアの前に姿を現しました。
E! Online

ダンス前のインタビューでは、「The O.C.のころは自分はまるで機械のようで、もう無理、と感じていた。」と答え、本当の自分を見つけるために生まれ故郷イギリスに向かったと語っています。肝心のダンスは・・・キレがあるとは言い難いけれど、一生懸命踊っているのは伝わってきます。「The O.C.」のころのキラキラしたミーシャが一度転落し、そこから少しずつここまで這い上がってきたのかと思うと感動でちょっとウルっときました。

本当は不気味で怖ろしい自分探し

アメリカで2016年4月4日に放送されたミーシャのダンス↓

「The O.C.」でコーエン家の父親・サンディを演じたピーター・ギャラガーもインタビューに登場し、「名声を早くに手にしてしまうのは危険だ。でも、こうしてまた番組でミーシャを見ることができて嬉しい。」と答えています。
980x (2)
残念ながらミーシャは3週目で敗退、11位に終わりましたが、これからまた以前のようにテレビでミーシャの姿が見られるようになるかもしれませんね!

*追記*
しかし!先日残念な発言もしています・・・。
ミーシャ・バートン「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」を「ひどい経験」と振り返る

勇気は、一瞬 後悔は、一生

スポンサードリンク

 - The O.C.