chaako's

L.A.が舞台の海外ドラマと海外セレブゴシップが大好き♥

ハイディ・モンタグが「ザ・ヒルズ」10周年特番後の気持ちを明かす

      2017/12/05

スポンサードリンク

8月2日にアメリカで放送された「ザ・ヒルズ」の10周年特番「The Hills: That Was Then, This Is Now」では、完全にローレン・コンラッドひとりにスポットをあてた作りになっていて、ローレンの元共演者であり宿敵だったスペンサー・プラットがそれをどう感じたか、さらにそのスペンサーの妻でありローレンの”元”親友だったハイディ・モンタグはどう感じているのか、と憶測するような報道が出ています。
下世話だなーと私は思ったんですが(笑)どうやらハイディが特番放送中に書いたひとつのブログが原因だったようです。
E!News

ヒルズ シーズン1 コンプリートBOX [DVD]

スポンサードリンク

きっかけはハイディが米Broadly.に書いたブログ。特番のオンエアと同時進行でハイディの視点から書いたという記事がとても興味深いのです。
Broadly

以下、ハイディの書いたブログ記事の一部です。

9:00 PM
テーマソング"Unwritten"はローレンだけのサウンドトラックじゃないわ。オードリナやホイットニー、そして私のものでもあるの。

「ザ・ヒルズ」サウンドトラック

9:01 PM
ローレンがまた私達全員分の生活をナレーションしてるのね。サプライズ!ローレンばっかりね。このブログでは”同窓会番組”って宣伝してきたのに。まるでローレン特集ね。

9:07 PM
これらの場面を観ていたら不安になるわ。ここ何年も私は(ローレンと)口論してる場面を観ないようにしてきた。今夜その場面や未公開シーンなどが流されて、まるでホラー映画を観てるような気持ちになった。何年経っても、ローレンと仲たがいしたことは私を悲しくさせる。私達は本当に若かったけれど、番組はもっと違う形で終わらせることができたはずよ。私達がディナーに行って話し合って仲直りして、友達に戻ることもできたはず。こんなふうに私達の友情が終わってしまったことにイライラする。どうしたら友達のままでいられたの?

via GIPHY

「ザ・ヒルズ」の名フレーズのひとつ「You know what you did!」(自分が何したかわかってるでしょ!)

論破する技術

9:16 PM
(ローレンの元彼)ジェイソンはローレンにたくさんの仕打ちをした。放送されなかった場面もたくさん。ローレンがそれに対処して彼と別れる強さを持っていたことを誇りに思うわ。かなりの危機だった。このシーンを見返していると、ローレンがスペンサーを疑っていたのは、シーズン1でジェイソンがローレンに対してやったことをスペンサーが私にもするんじゃないか、って心配だったからだと思う。ローレンは過保護だったのよ、愛すべき友達だけど。

「ラグナビーチ」のジェイソン・ワラーがパパに!

9:26 PM
ローレンが私を排除しようとする場面を観るのは苦しい。感情的、肉体的-色んな方法で彼女は私を避けた。私の言うことも聞いてくれずチャンスもくれなかった。

9:27 PM
撮影クルーは二手に分かれることはせず、決して私の味方には来なかった。彼らは決してスペンサーや私の気持ちによりそってくれなかった。いつもローレンの味方だった。

9:32 PM
洗脳って言葉が一番腹がたつ言葉。ローレンについての噂を広めたことなんかない。ローレンとローレンの選択に対して私にできることは何もなかったし。「ザ・ヒルズ」が始まって10年経ってもなお、みんながスペンサーと私を責めるのは不公平よ。

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

9:35 PM
またよ。ローレンが賢明なこと言ってるわ。このシーンを観るのは苦しい。私達の友情の終わりはとても悲しかった。ローレンは私の親友だった。彼女を傷つけようとしたことは一度もない。愛してたし、これからも愛してる。でも残念ながらこれが事実で、私達は前に進まなきゃいけない。

9:39 PM
全体的に、この特番はKohl's(ローレンがコラボしてるデパート)の宣伝ね。Kohl'sに今すぐ行きたいわ。ローレンのデザインした服を買いたいわ。かわいい!

妊婦姿のローレン・コンラッド、コレクション撮影の裏側

以上、番組やローレンに対して批判的だったりイヤミっぽい感じのものだけピックアップしてみましたが、普通にキム・カーダシアンは優しくて大好き、とかチャリティ活動してるローレンは偉い、ローレンの結婚を祝福してる、など微笑ましいことも書いてあります。
番組を観てないと何のこっちゃ?って感じだと思うので、関連動画や画像が拾えたらまた載せたいと思います☆

ザ・ヒルズ:こんなセレブリティがカメオ出演していた

けれど、私もYouTubeでこの特番を観ましたが(一部は削除されてて観れてません(涙))、編集のせいなのかローレンが「私はカメラに撮られるの好きじゃなかったけど、撮られるのが大好きな人がたくさんいた。」とか言ってその時の映像がスペンサーとハイディが映ってたりして、なんかトゲあるなーって個人的に思いました。そういうのを観てたら、ハイディも悔しい気持ちとか色々フラッシュバックしちゃってこんな風に書いたのかな、と思いました。ジェイソンについてのところとかは・・・これだからいつまでもローレンと平行線なんじゃ?とも思いましたが。

「嫉妬する女はブスになる」問題

結局、ハイディは反響にあわてたのかオンエア翌日に「ローレンにたいしてネガティブな感情はまったくないわ。彼女の幸せを心から願ってる。」とツイートしました。

幸せはあなたの心が決める

スポンサードリンク

この特番の中で、ローレンはサンフランシスコのアカデミー・オブ・アート大学のテキスタイルのクラスで初めてハイディに会ったときのことを振り返り「大学生活は大変だった。友達もあまりできなかった。そしたらハイディがやってきて・・・『友達になろ?』って。今まで会った人のなかで一番フレンドリーな子だった。」と明かしています。
heidi1
ローレン・コンラッドとハイディ・モンタグ、2人の友情決裂から10年

またクラブ「レ・ドゥー」で生まれた名場面、ハイディとの口論(ローレンと元彼ジェイソンのセックステープ流出の噂は誰が流したかについて)も番組にセットアップされたものだと感じたと認めていて、特番では「MTVはスペンサーが私にしたことをふまえるべきよ!彼をここに来させるのは勘弁してよ!こんなのおもしろくもクソもないわ。」とローレンがFワードをまじえて叫んでいる未公開シーンも放送されました。

「ザ・ヒルズ」10周年特番でローレンが明かした10のコト【前編】
ヒルズ シーズン4 [レンタル落ち] 全4巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

スポンサーリンク

 - The Hills